ハート

うつの依頼が簡単【脳内の神経を伝達するための物質】

多くの人が悩んでいる病気

男性

二つのタイプの違いとは

現在多くの人が悩まされているうつ病にはいくつか種類があります。一言でうつ病といっても、症状の出方の違いなどがあり、きちんと精神科や心療内科で診断してもらう必要があります。では実際にどの様な種類があるのか紹介していきましょう。まず最も一般的なものはメランコリー型です。このメランコリー型は一般的にうつ病というとイメージする気分の落ち込みや食欲、意欲の低下が起きます。主に真面目で責任感のある人が発症しやすく、頑固者に多いタイプと言えます。また、比較的中年の男性に多いタイプであり、朝起きた時から調子が悪い人が多くいるでしょう。そしてもう一つ、非定型うつのタイプがあります。このタイプの症状は嫌なことをする時などに症状が現れ、好きなことをしている時は症状が現れないというタイプです。メランコリー型が不眠や食欲低下が起きるに対して、この非定型は過眠や過食に陥りやすく、症状が偏っている為に、他の人から誤解されやすい傾向にあります。また、若い女性が発症しやすいタイプでしょう。この様に同じうつ病であってもタイプがあり、それぞれの特徴が異なります。特徴が違うということは、治療の中身も変わってくるので、まずはきちんとクリニックで適切な治療を受けることが大切です。治療をする場合、メランコリー型の人は、治療に消極的な人が多く、それとは逆に非定型の人は治療に積極的な人は多くなっています。症状の出方の違いなどしっかり理解することで、もし身近な人が発症してしまったならば、役立てることが出来るので、ぜひ覚えておきましょう。抗うつ剤ということばを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。この抗うつ剤はうつ病の治療薬として使用されるお薬です。たくさんの人が現在発症しているのにも関わらず、未だ原因が分かっていない病気です。しかし、脳が機能障害を起こしている状態でることは研究の結果知ることが出来ました。そんな脳の機能障害を改善することが出来るのが抗うつ剤です。このお薬には種類がたくさんあり、症状の出方などに合わせてドクターが処方してくれます。また、このお薬はメランコリー型には積極的に導入されますが、非定型にはあまり効果がないと言われているでしょう。また、副作用が出やすいお薬でもあり、まずは少量から処方するのが基本です。少量から処方しないとひどい副作用に悩まされてしまう心配があります。その為、最初は少しの量を処方して、副作用が出てしまわないか反応を見ながら、徐々に量を多くしていくでしょう。このお薬を服用することで、症状を改善することが出来、これまで通りの日常生活を取り戻すことが出来るかもしれません。気分も落ち着き安定してきますが、比較的長く服用しなければいけないお薬です。非定型の場合、お薬があまり効かない分ドクターや臨心理士によるカウンセリングや精神療法などをメインに治療が行われます。精神療法は心に働きかける治療であり、この治療はメランコリー型の人も同様の治療を受けるでしょう。抗うつ剤を服用した場合、一時的に症状が改善されますが、少し飲んだだけで完璧に治すことが出来るという訳ではありません。きちんと処方されている間は服用し、ドクターの判断を仰ぐことが大切です。