ハート

うつの依頼が簡単【脳内の神経を伝達するための物質】

メリットデメリットを知る

医者

服用時に注意すること

抗うつ剤を服用するとすぐに元気が出てきたり、症状が改善されたりする訳ではありませんので効果が出るまでは継続して服用を続ける必要があります。効果が感じられなくても服用を続けることで、薬が体内に溜まってきて、体の中で安定するようになることが大切なのです。個人差がありますが、一般的には薬を服用し始めてから2週間から1ヶ月程度で効果が現れるようになってきます。抗うつ剤の特徴として飲み始めのときに副作用が大きく感じられやすいことが挙げられます。飲み始めは賦活症候群という中枢神経が刺激されることによる副作用を感じやすいことが分かっています。賦活症候群はイライラしたり、不安になったりする症状で特に若い人が感じやすいと言われています。ですので、飲み始めには少量を飲んでみて副作用が出ないかを確認しながら服用することが大切です。抗うつ剤の効果が出始めたからといって服用を中断してしまう人がいますが、少なくても半年から1年は服用を続けて徐々に量を減らしていくことが理想的です。抗うつ剤を飲んで感じる副作用に対してどのように対処するべきなのかは判断が難しいかもしれません。基本的には副作用は時間を掛けて慣れていくものなので、我慢できるのであれば我慢することが理想的です。しかし、日常生活が送れないぐらい異常な副作用を感じたら即服用を中止するようにしましょう。医師に相談をして、他の薬に変えたり、副作用を抑えるための薬をもらうようにしたりして対処することになります。例外として妊婦の方は胎児への影響を避けるためにも抗うつ剤を中断することが無難でしょう。医師から薬を服用するように言われて、何も考えずに服用するよりは薬のことを調べて、理解してから服用することで治療がスムーズにいくことがあります。抗うつ剤についてその特徴を理解する上で知っておいて欲しいことは、いろんな種類があって効果や特徴はそれぞれの薬によって違うということです。うつ病の患者はモノアミンと呼ばれる神経伝達物質が減少しているため、抗うつ剤がモノアミンの量を調整してくれることで症状が改善します。しかし、抗うつ剤はパニック障害や強迫性障害などの不安症状や睡眠障害などの治療に使われることもあります。これらの病気ではセロトニンと呼ばれる不安や落ち込みに関係するものが不足しているため、抗うつ剤がセロトニンを増やしてくれます。最近では研究が進んできており新しい薬も数多く開発されており、副作用が少なく使いやすい薬が世に送り出されています。しかし、新しい薬はデメリットとして効果が薄くなっていくことも現実です。主流の治療では新しい薬から始めてみて、もっと効果がある薬が必要と判断されたら古い薬への切り替えることが多いです。古い薬としてはトフラニールやアナフラニールなどがあり効果は強い代わりに、副作用も大きく出てしまいやすいデメリットがあります。トフラニールやアナフラニールなどの古い薬の副作用としては便秘や体重の増加、喉の渇きなどが挙げられます。デジレル/レスリンは新しい薬と古い薬の中間に位置する薬で、睡眠障害の治療薬としても使われるような眠りを誘う副作用があります。